IEICE HPB第23回研究会

趣旨/Purpose and Scope

ヒューマンプローブ研究会(HPB)では,第23 回目となります研究発表会を2020 年8 月29 日(土) に開催致します.COVID-19 による混乱により各方面で学会・研究会・イベントの中止・自粛・延期を受 け、オンライン開催への移行や併用も進んできています。緊急事態宣言解除後、一時的に落ち着きが見え始めたところですが、第2派の発生も危惧されており長期的な対応を見越した活動方法が本研究会でも必要となっています。 例年、年度前期の研究会は合宿形式で開催をしておりましたが、今回はオンラインでの研究会開催とさせて頂くことになりました。本研究会では初めての試みとなりますが、オンライン開催の利点を活用し新たな議論・情報共有・コミュニティ形成の機会になれば幸いです。 ヒューマンプローブ分野の学術的発展のためにも,皆様,是非ご参加の程,よろしくお願い申し上げます.

日時/Conference Date

2020年8月29日(土) 13:00 - (予定)

会場/Location

オンライン開催(Zoomを予定)

参加費/Entry fee

一般発表:3,000円
LT発表:2,000円
聴講参加:1,000円
※参加費は事前の銀行振込になります(振込手数料は御負担願います)

スケジュール/Schedule

  • 発表申込開始 :8月 3日(月)
  • 発表申込〆切 :8月17日(月) 8月21日(金)
  • 論文提出〆切 :8月24日(月)
  • プログラム通知:8月26日(水)
  • zoom通知予定 :8月26日(水)
  • zoomテスト日 :8月27 – 28日(木 – 金) ※事前の接続テストを推奨します
  • 研究会開催 : 8月29日(土)

プログラム/Organizing and Program Committees

13:00 – 13:05 開会挨拶

セッション1: 一般講演

(1) 13:05 – 13:20  「射出成形機の稼働管理システムの提案」
○中村出海・大塚洋明・佐野拓哉(東京高専)・丸田哲郎(泰興物産)・水戸慎一郎(東京高専)
(2) 13:20 – 13:40 「3次元情報を考慮した野生動物の行動経路の推定」
○原 道樹(青学大)・下徳大祐・小林博樹(東大)・田谷昭仁・戸辺義人(青学大)
(3) 13:40 – 13:55 「機械学習に向けた脳波状態判別の最適化雑音除去手法の検討」
○陳 維・鶴ヶ崎裕真・田谷昭仁・戸辺義人(青学大)

セッション2: 話題提供

14:05 – 14:50

14:50 – 14:55 閉会挨拶

申し込み/Contact

  • 講演申し込み(概要提出)
  • 論文投稿
    • 論文投稿〆切日(8月24日)までに,講演論文(2~8枚程度・PDF形式)を投稿して下さい
  • 聴講参加申込

論文投稿種別・投稿論文フォーマット/Submission

  • 申込み・投稿サイトから発表申込み下さい(発表タイトル,名前,所属,概要200字程度)
  • 申込み後,論文投稿締め切り日までに,講演論文を投稿してください(1〜8枚程度・PDF形式)
  • 申込み・投稿サイト:2020年8月3日公開予定
  • 論文書式は電子情報通信学会に準拠のこと
  • 論文は日本語・英語どちらでも構いません
  • 発表論文の著作権は著者に帰属します
  • Lightening Talk(LT)発表へ向けた萌芽研究(1〜2枚)も歓迎致します.発表申込時の備考欄に「LT発表希望」とご記入下さい
  • 従来通り,萌芽研究,話題提供,研究相談等の発表も歓迎ですので,運営委員宛に御相談ください
  • 御不明な点は運営委員(kanji@ieicehpb.info yok@csis.u-tokyo.ac.jp )まで御連絡ください
  • キーワード:モバイルセンシング、人の流れ、ゲーミフィケーション、エッジコンピューティング、参加型、人間行動認識、AR技術,ITS、観光、地域課題解決、フィールド調査、など

HPB専門委員会/HPB Committee

委員長

金杉 洋(LocationMind?株式会社)

副委員長

水戸 慎一郎(東京工業高等専門学校)

幹事

伊藤 昌毅(東京大学
岩井 将行(東京電機大学)
薄井 智貴(人間環境大学)
笹尾 知世(東京大学)